素人売れ筋ランキング

【taxd070】ミサ

【この作品完全版はこちら】

ミサ

ミサ

この動画を見た人にオススメの素人動画

ナヲ

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。 電話をしながら乗ってくる女性客。 仕事のトラブルか?かなりイラ立った口調で話をしている。 「どちらまで?」 「有楽町。」 高飛車な口調で、明らかにこちらを下に見ている。 「お客様、道が混んでいるので迂回しますか?」 「あなた運転手よね、任せるって言ってるじゃない!チッ。」 舌打ちまでしやがった。もう許せん!それなりに責任は取ってもらおう。 「お客様、この健康ドリンク飲んでアンケート記入してもらうと、料金が半額になりますが…。」 喉が乾いていたらしく、媚薬入りドリンクをラッパ飲みする高飛車客。 アンケートを書き終え、媚薬が効いて睡魔が襲い、そして熟睡。 「お客様、着きましたよ。」 大股開きで媚薬落ちしている女。 アンケートは個人情報まで記入してある。 スカートをめくると、何故だかパンティが湿っている。 シートベルトで両脚を固定しM字開脚させて、まずはデカ乳を揉みまくる。マ●コに指を突っ込みながら生チクビをしゃぶり、パンティを脱がして本格的に指マンして膣穴を拡げる。 起きない女体を抱き寄せ、指マンしながらベロキスで舌を吸いまくる。 チクビにチ●ポを擦りつけ、昏●フェラで生意気な口を●す。クンニでマ●コを湿らせ、勃起したチ●ポをズッポリと突き刺して車内●姦。 媚薬が効いたグチョグチョマ●コ、人目を警戒しながら腰を振り続ける。側位にしてデカ尻のマ●コを激しく責めまくって、ヤリ部屋にさらう。 散らかった部屋で服を剥がし、生オッパイを揉み、乳首を吸う。 長い電動バイブをマ●コにぶち込み、グリグリ責めるが目覚める気配は無い。 バイブの振動音と溢れ出すマン汁、デカ尻を持ち上げてバックからチ●ポをねじ込む。 いやらしい半開きのアナル、バフバフとハメ音をたてるマ●コをズコズコと突きまくる。 意識が戻り始める女、そんな事はお構いなしにマ●コを突き続ける。 「へっ?うぐぅ…」 「静かにしてろ!」 体重をかけて、種付けプレスでマ●コの奥をガンガン突きまくる。 「ぐっ、イャ…」 逃げようとする女の尻をスパンキングして、髪の毛をつかんでイクまで腰をふり続ける。 イったマ●コを電マで責めあげると悲鳴をあげる女。 「ああああー、いやぁ!」 「気持ちいいか?」悶えあがく女の首を絞めながら、バイブでイクまで責め続ける。 「いやあ!ヤメてー!」 更に電マを押しつけ、マ●コが壊れるまで責めまくる。 痙攣落ちしたマ●コに指マンして潮を吹かせ、手を押さえて強●ベロキス。 デカマラをくわえさせ強●イラマチオ。 髪の毛をつかんで喉奥をガンガン突きまくる。 喉汁を垂らしておえつする女を足蹴にして股を開かせ、正常位でチ●ポを突き刺す。 「やめてぇ!」気の強い女を●す征服感にチ●ポはビンビン。 ギリギリまで首を絞めると、マ●コはギュウギュウと締めつけてくる。 四つん這いにして{バックからチ●ポを突き挿れ、スパンキングしながらマ●コの奥をガンガン突き上げる。 「あああっ、それダメ!」 ガクガクとイキ崩れる女、身体じゅうが痙攣して止まらない。対面座位で女を抱えてマ●コを突きまくり、騎乗位で首を絞めながら、締めつけるマ●コをイクまで責める。 「腰を振れ!」 M字開脚で腰を振らせながらチ●ポを突き上げて巨乳にしゃぶりつき、そのまま寝かせて正常位で子宮の上に手をついて膣道を潰しながら腰を振る。 激しい射意が襲い、チ●ポを引き抜き巨乳にぶっかけ射精。 「まだまだだ!」 勃起が収まらないチ●ポをマ●コに挿れて腰を振りまくる。 「今度は中だ。」 「絶対イヤッ!」 首を絞めながら締めつけるマ●コに強●中出しで射精した。

2024/04/10
あや

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。 「池袋までお願いします。」笑顔が可愛いオッパイの大きな女性客。 ルームミラーに写るミニスカのムチムチ太腿。 「提携キャンペーンで、こちら飲んでアンケート記入してもらえると料金50%オフになりますが…」 「えーっ!いいですネ。」媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入する女性客。 しばらくすると媚薬が効き始め、身体が火照り、睡魔が襲ってくる。バックリ股を開いて寝落ち、パンティーに食い込んだマン筋が丸見えだ。 薬がしっかり効くように、しばし車を走らせ、ヤリ部屋近くに車を停める。 「お客様、着きましたよ。」 完全熟睡しているムチムチ娘。個人情報まで記入されたアンケート用紙をチェックする。 「あやちゃん…」 オッパイを吸いまくり、指で口をこじ開けてベロキスで舌を吸う。 マン筋を指でこすりながら乳首を吸い、娘の手を取って昏●手コキでチ●ポをシゴキまくる。 パンティを脱がすと、尻も想像以上のデカ尻。指マンするとマン汁が染み出し、クリトリスを指でこすると面白いようにピクピクと反応してくる。 寝ていても媚薬の効き目はバッチリのようで、指マンクンニで責めると腰が浮き上がってくる。濡れたマ●コにビン勃ちチ●ポを擦りつけ、ニュルッと挿入。膣中はヌルヌル、リアルダッチドールとのカーセックスに腰を振りまくった。 散らかったヤリ部屋に運び込み、指でマ●コを刺激すると、ピクピクと相変わらず反応がいい。 徐々に意識が戻ってくる娘、うなされてるような声を出している。 「ゃ…やめてください…」 顔にまたがり意識朦朧の口にチ●ポを突っ込み、激しく腰を振って喉奥まで責めまくる。 意識が戻った娘の首を締めて脅かし、強●フェラで腰を振る。 下腹部を踏みつけ、ポルチオのあたりを足で刺激するとイキそうになっている娘。濡れたマ●コにチ●ポをねじ込み、正常位で首を締めながら腰を振り動かす。 ヌルヌルになったデカチ●ポを深いストロークでピストンし、脚を束ねてマ●コの奥を突きまくる。 「うあぁぁぁ…」 チ●ポを抜いて、首を締めながら手マ●コすると、グチョグチョのマン汁があふれ出てくる。 乱暴にうつ伏せに寝かせ、スパンキングで叩くと尻肉を歪ませて悲鳴をあげる娘。 「あぁぁ、やめて…」デカ尻をプレスしてチ●ポを突き刺し、両手で尻肉を開きながら膣奥を突きまくる。 「あうぅぅ…」 反抗的な目つきをしてきたので、足で股を開かせて電マをマ●コに押し当てる。 「ああああっ!」 「イっただろ?」 首を振る娘、イったばかりのマ●コに極太バイブのボリュームを最大にして激しく責めまくる。 「や…やめて…」四つん這いにして、尻をスパンキングしながら電マを追加してバイブ責め。 「あうううう!やめてぇ!」 イキまくる娘を仰向けにしてポルチオ押し手マ●コ。ずぶ濡れになったマ●コにチ●ポを突き刺し、クリトリスに電マをあてると腰を突き上げてイってしまう。 「すぐ、イっちゃうなぁ。舌を出せ!」 脚を束ねてベロキスで舌を吸いながら、種付けプレスでマ●コの奥を突きまくる。 ピクピクと痙攣している娘の顔にまたがり、マン汁だらけのチ●ポを口にぶち込む。頭を持ってグイグイ動かし、イラマチオで喉奥までじゃぶらせる。 「ぶはあー!」 「もっと、しゃぶれ!」 仁王立ちになって自分からフェラチオさせ、髪の毛をつかんで喉奥をチ●ポで突きまくる。 四つん這いにしてバックからズルリとチ●ポを挿入、尻肉を開いて深いストロークで腰をふる。 上体を引き寄せて首を締め、乳房を揉みながら背面座位で責める。 「イっただろ。」 「イってない…あっあっ…」 首を締めるたびにグイグイと締め付けてくるマ●コを突きまくる。 「上に乗れ。」 娘をまたがらせ騎乗位でズッポリ挿入。スパンキングして強●的に腰を振らせる。Gスポットをえぐるように下から突き上げ、乳首を刺激するとビクビクと反応している。 抱き起こして対面座位セックス。 オッパイに吸い付きながらマ●コを突きまくる。 「はああああ!」正常位にしてビン長チ●ポをマ●コの奥まで刺し挿れ、種付けプレスで腰をふる。 「もう、帰らせてください…。」 泣きじゃくる娘の首を締めて激しく腰を振り、ぎゅっと締めつけてくるマ●コの奥に強●生中出し。 まだまだ…オールでディナーを楽しむことにした。

2024/03/27
なつき

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。 「吉祥寺までお願いします。」ショートカットのきれいな顔立ち、スタイルも良く色白の柔らかそうな肌だ。 俺好みの女だったので、ついつい一人で喋ってしまったが、無愛想な態度でこちらには無関心だ。 「アンケートキャンペーンのドリンクを飲むと料金半額になりますが…。」 「半額・・!」 喰い付いた!女は媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートに個人情報を記入する。 「道路が混んでいるので、迂回しますね。」 「・・・・はぃ…。」 睡魔に襲われ虚ろなご様子、あと10分もすれば…。媚薬がバッチリ効いて昏●するお客。ヤリ部屋の近くに車を停める。 「お客様、着きましたよ。」 アンケートを見て名前と住所を確認する。 「たまんねえなぁ、今日は溜まってるんだよ。」 柔らかな太腿に顔を埋め、スベスベの肌を吸いまくる。 パンティの上からマ●コの匂いを嗅ぎつつ指でいじくると… 蒸れた香りが●姦中枢を高揚させ、乳を揉みながら首筋を愛撫する。 「きれいな顔してんなぁ。」 人形の様な顔立ちの唇に吸い付き、指で口を開けて舌を差し込む。ビン勃ちになった生チ●ポを握らせて、昏●手コキでしごき続ける。 顔を引き寄せ昏●ベロキス、口をこじ開けて生チ●ポを押し込む昏●フェラ。 小さな口にデカマラはちょっと大きかったので、頭をつかんでグイグイとしゃぶらせる。 ブラウスのボタンをはずし、ブラをずらして生チチをさらす。 思った通りのきれいなオッパイ、指先で乳首を刺激して吸い付く。 甘味な乳首がビン勃ちになるまで吸いまくり、股を開かせてパンティをずらす。ピンク色のきれいなパイパンマ●コ。マン筋に吸い付いてクリトリスを舐めまくる。 意識を戻す様子が無い娘。指マンとクンニでマン汁があふれ出るまで責め続ける。娘にまたがりデカチ●ポを無理矢理くわさせ、オッパイを揉みながら腰をふる昏●クチマ●コ。 続きはヤリ部屋に持ち帰ってから、じっくりとすることにした。 娘をマットレスに寝かせてパンティを剥ぎ取る。いやらしいパイパンのマン筋を指でこすり、肛門も刺激してみる。 両脚を羽交い締めにしてマ●コに吸い付き、クンニで舐めまくる。 裏返してカワイイお尻を眺めながら足の指の匂いを嗅ぎ、マ●コに指を差し込み指マン責め。尻肉を開いてアナルの匂いを嗅ぎながらクンニする。 ベロキスをしながらブラをずらし、ピンクの乳首を吸いまくる。寝ている口にチ●ポを突っ込み、昏●フェラで腰を動かす極上の快感。 車でするより奥まで挿ってチ●ポはビンビンだ。濡れたマン筋にチ●ポをこすりつけ、ヌルヌルの膣中にミシミシと挿入する。 膣孔も小さく、深くゆっくりとチ●ポにマン汁を絡ませて、激しく腰を振り始める。 脚を束ねてマ●コの奥を高速で突きまくり、横を向かせる。側位セックスで脇の下の匂いを嗅いで、汗ばむ脇を舐めながら腰を振りまくる。 乳首を吸いながら腰を振っていると、目を覚ます娘。 「んんっ…、えっ?」 すかさず口を手でふさぐ。 「騒ぐな、生きて帰りたければ静かにしろ。」 「んぐっ…。」 「舌を出せ。」 出した舌を吸いながら、ズコズコとマ●コを突きまくる。 「んんんんっ…。」 「おじさんも、三鷹に住もうかなぁ。」 引きつった顔をしている三鷹在住の娘。 身体を抱き上げて股を開き、後ろから強●ベロキスをしながら指マ●コで膣中を潤す。四つん這いで尻を突き出させ、バックからチ●ポをハメ挿れる。 「うあぁぁ…。」きつく締まるマ●コに根元までチ●ポを差し込み、クビレた腰をつかんでズポズポ突きまくる。 「あぁっ、あっ、あっ。」 両手で首をつかんで、マ●コの奥を突き動かす。うつ伏せにして尻肉を揉み、アナル舐めしながら指マンで責める。 「ああっ、いやっ…。」 イキそうになってる娘のマ●コに、種付けプレスでチ●ポを挿れる。 「やっ、やめてぇ…ああああっ。」 尻肉を開いて、スパンキングをしながらマ●コの奥を突きまくる。正常位にして根元までチ●ポを差し込み、腹の上からポルチオあたりを拳で押し動かす。 マン汁だらけのチ●ポをくわえさせ強●イラマ。対面座位セックスでポルチオを刺激しながら突きまくる。 「あうぅぅぅっ!」 チ●ポを差し込んだまま騎乗位にして腰を振らせる。 イクのを必死に我慢している娘を押し倒し、強●濃厚キスをしながら達磨プレスでガンガン突きまくる。首を絞めマ●コの締めつけをきつくして、腰を激しく動かし生のまま中出し。 溜まっていた精子を娘のマ●コに放出する。 娘の両手をネクタイで拘束する。 「何するの…?」 「仲良くするんだよ。」 泣きじゃくる娘を放置して、俺は部屋を出た。

2024/02/28
ほたる

俺は乗車した女性を媚薬で眠らせ、変態行為を楽しむ鬼畜のタクシードライバーだ。 「多摩センターの方へお願いします。」 「タマ…何かあるんですか?」 「動物園に行きます。」 一人で動物園?なんか訳ありだな。 ちょっと可愛かったんで、ついベラベラ喋ってしまう。 「すみません、ちょっと疲れてるんで。」 「なら、この栄養ドリンク飲んで、アンケート書いてもらうと乗車料金半額になりますが。」 「じゃあ、いただきます。」ニガそうな顔をして媚薬入りドリンクを飲み干す娘。 アンケートを書き終えて大あくび、媚薬が効き始めている。 メーターが1800円を過ぎたころには完全熟睡。ヤリ部屋近くに車を停める。 「お客様、着きましたよ。」 あどけない顔をした娘は、股を開いて眠っている。 「ほたるちゃんて言うんだ。カワイイね。」アンケートで個人情報もバッチリ入手。 早速、うなじと耳と髪の毛の匂いをクンクンと嗅ぐ、これは変態の儀式だ。 胸の谷間が見えていたので揉みながら顔を埋め、舌を引き出してベロキスで舌をなめまくる。媚薬がバッチリ効いて起きる気配は全く無い、俺様専用のダッチドールだ。 若いスベスベの太腿を舐めまくり、ピンクのパンティの上からマ●コの匂いを嗅ぎ、ブラから大きなオッパイを引き出す。 乳首も乳輪も汚されていない綺麗な色。柔らかな巨乳を揉んで、犬の食事のように乳首を舐めまくる。 パンティをずらし剛毛なマン毛の蒸れた匂いを嗅いで、マン毛をかき分けクンニで舐め上げる。アナルを拡げて括約筋を観察。 お尻の穴の匂いを嗅いで、スベスベの尻肉に吸い付きながら指マンでマ●コをほじくる。 ビンビンのチ●ポを握らせてセルフで手コキさせた後は、口をこじ開けてチ●ポを突っ込む。 頭をつかんで動かす昏●フェラ。 白目を剥いている娘のフェラ顔に興奮する。我慢できなくなって来たので、剛毛マ●コにチ●ポを差し込み腰を振る。 狭い密室の車内でオッパイを吸いながら正常位セックス。 カーセックスはスリルがあっていい。 「あっ、出ちゃいそうだ。こんな早く出したら勿体ないよ。」娘を抱きかかえて、ヤリ部屋にお持ち帰りすることにした。 散らかったマットレスに寝かせてネクタイで手を縛り、カエルのようにM字開脚させる。 足の裏のスッパイ匂いをかいで舐めまくり、巨乳に顔を埋め揉みまくる。 乱暴に生乳房を取り出し、オッパイをスパンキングして吸い付き、腋も舐める。 子供の頃、おもちゃを買ってもらって一人部屋で楽しんでいた事を思い出す。 オッパイを舐めまくり、口の奥に指を突っ込んで舌を引き出して吸いまくる。 マ●コを足で電気アンマ、その足で股を押さえて指マ●コ。乳首に生チ●ポを擦りつけ、柔らかオッパイに挟んで昏●パイズリへと変態行為は続く。 ビン勃ちしたデカチ●ポを口に突っ込み、昏●イラマチオで喉奥をゴキュゴキュ言わせて責める。 パンティーをずらして正常位でマ●コにズブぅ~とチ●ポを挿入。 オッパイを吸いながらガンガンと腰を突き挿れる。 「うぅ~ん…。」意識を戻し始めた娘の口をふさぎ、容赦なく腰を振りまくる。 「うあっ、やだ!」 壊れたおもちゃを扱う子供のように、乱暴にオッパイをスパンキングして首を絞めてマ●コを突きまくる。 縛った腕を強引に持ち上げ、口にチ●ポをぶち込み、強●イラマで腰を激しく振る。 「ゲホ、ゲホ!やっ、嫌だー!」 騒ぐ娘の口をチ●ポで塞ぎ、クチマ●コで喉奥を責める。 「歯立てたら、こうだからな!」 娘の頬に拳を突きあてて脅かし、喉汁でぬめったチ●ポをオッパイに挟んで強●パイズリで腰を振りまくる。 身体を裏返して桃尻をお仕置きするようにスパンキング。 「あーっ、イヤ!」腰を引き上げ、マ●コに唾を吐いてバックからチ●ポを突き刺す。 泣きじゃくる娘の頭を足で押さえつけながら、ガンガンとマ●コを突きまくる。 上着を剥ぎ取り、ローターで乳首を責める。 「帰りたくなくなるぐらい、気持ち良くしてやるよ。」ローターを剛毛マ●コに挿れ、電マでクリトリスを責める。 「もう、帰して…。」怯える娘の首を締めながら、口に極太バイブを突っ込む。四つん這いでバイブをマ●コに刺し挿れ、パンティーで固定しながら強●イラマチオ。 うつ伏せにして背後から口を舐めまくり、耳たぶを吸いまくる。 「嫌だ!キモいー!」バックでプレスしたまま尻肉をこじ開けてチ●ポをぶち込み、乱暴に激しくマ●コを突きまくる。 丸裸にして正常位セックスで身体を押さえつけながら、バンバンと腰を打ちつける。 首筋に吸い付き、嫌がる娘の口をベロベロ舐めながらピストン責め。 「ほたる、俺のこと好きと言え。」 「キモイ、もう帰して。」 首を締めるとキュッと締まる剛毛マ●コ。 「あーーっ、出すぞー!」柔巨乳をつかみながら激しく腰を振りまくり、マ●コの奥に生中出し射精。 剛毛マ●コからあふれ出た精子を指で取り、娘の口の中に突っ込む。 「こんなんじゃ、終わんないぞ。」 俺は娘の手をネクタイで縛り直した

2024/02/14
アイカ

私は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする変態タクシードライバー。 今日も素敵な出会いを求めて街を流す。 「青山までお願いします。」笑顔のカワイイお嬢さん。ふっくら色白ムチムチの美味しそうな身体をしている。 人懐っこい娘で、和気あいあいと会話が弾む。 「なんか最近、寝不足で…。」 ならば、偽キャンペーン作戦で死ぬほど寝ていただこうと思う。 「これ飲んでアンケート用紙に感想書いてもらえると、運賃50%キャシュバックキャンペーンやってますけど。」 「お~っ、スゴい!いただきまーす。」媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入しながら気絶したように寝落ちする娘。 「お客さん、着きましたよ。(私のヤリ部屋に…)」大股開きで熟睡落ちしている娘。 記入したアンケートに目を通す。 「アイカ、24歳か…。」 にしても、色白のうまそうな身体だ。 早速、ブラウスのボタンをはずして柔肌の巨乳を揉む。 薬の効きが浅いのか、イタズラ行為に反応するように寝苦しそうな声を出している。 起きないように気をつけながら乳首を指で転がし、乳輪に吸い付いて乳首を舐める。 むっちりした太腿を触りながらスカートをまくり、白のパンティをずらして陰毛を眺める。今どきの女子にしてはナチュラルな陰毛。 つまんで毛並みの感触を楽しむ。パンティを脱がして股を開き、指先でクリトリスを擦り上げると小陰唇がじっとり濡れてくる。指マンで膣中をかき混ぜ、マン汁の糸引き具合を確かめる。 娘の足を引き寄せセルフで足コキ。 ズボンを脱いでチ●ポを握らせ昏●手コキでしごかせる。 カリ首を唇にこすりつけ、ヌルヌルのマ●コにビン勃ちのチ●ポを挿入して狭い車内で●す。 柔らかな唇に吸い付きながら腰を振り、締まりの良いマ●コに腰を振りまくる。 味見はこれぐらいにして、ヤリ部屋でじっくり楽しむことにした。散らかったヤリ部屋の布団に寝かせ、ネクタイで両手を拘束する。 ブラウスとブラをはだけ、寝ている娘に覆いかぶさるようにキスをする。 娘の口にチ●ポをこすりつけ、無理やり押し込んでクチマンコで腰をふる。 腹にチ●ポをこすりつけながら濃厚おやじキス責め。指マンでマ●コを潤して、側位でビン勃ちチ●ポをねじ込む。 「うぅ~ん…。」 うなされているような声を出す娘。 柔らかな巨乳を揉みながら、お構いなしに腰をふりまくる。オッパイをしゃぶりながら、正常位セックスでマ●コを突いていると目覚めてしまう娘。 「えっ、なに、何!」 濃厚な親父キスで口をふさいで腰を激しく突きまくる。 「やめて、ヤダ!」 「嫌でも、マ●コぐしゃぐしゃじゃないかよォ。アイカちゃん。」 「な、なんで?…なんで知ってるの?!」 「24才、住所まで書いてあったよ。」 「うううっ、放して。」 「気持ちいいマ●コだな。」スカートを剥ぎ取り、プリプリの尻を引き寄せてバックからチ●ポを根深く突き挿れる。 「あうっ、イヤー!」膣壁をグリグリとこするようにピストン責め。 嫌がっていても身体は反応して尻肉をヒクヒクさせている。 「気持ちいいんだろ、締めつけてくるじゃないか。」 首を締めて脅かし、服を脱いでもらう。泣きながらブラを外す娘の顔に欲情してくる。 両乳をつかんで揉み、身体を抱きしめて強引に濃厚キスで唇を吸いまくる。 「しゃぶれ!」ビン勃ちになったチ●ポを強引に口の中に押し込み、ノーハンドでフェラチオさせる。 「こっちを見て、しっかりしゃぶれ。」 「んぐっ、んぐっ、んぐっ…。」 娘の身体を抱き起こして、チ●ポを胸に挟んで強●パイズリで腰を振り動かす。 「もう、嫌だ!帰して。」 娘を押し倒して、強引に股を開かせ、マ●コに吸い付く。 「んんん…イヤ!」抵抗していてもクンニに反応して、身体はおかしな動きをしている。 「挿れたいよなぁ?」 「…はい。」騎乗位セックスでチ●ポを挿入させ、巨乳を揉み上げながら腰を突き動かす。 「あうぅぅ、ダメ、奥やめて!」 泣きながらビクビクと腰を痙攣させる娘。 「どうしちゃったんだよ?イっちゃったのかぁ。」チ●ポを挿れたまま正常位にして、イったマ●コを突き続ける。 「あーー、俺もイキそうだよ、このままでイイよな?」 「だめ、ダメ!お願いやめて!」 「ううっ、そんな締めんなよ、アイカちゃん。」 脚を束ねて、よく締まるマ●コにタップリと生中出し。 精子が膣口から勢いよく溢れ出す。 放心状態の娘を放置して、私は素敵な出会いに感謝しながら一人で休憩することにした。

2024/03/13
サキ

私は乗車した女性客を媚薬で眠らせ、拉致レ●プする変態タクシードライバー。動く女にあまり興味はない。 「どちらまで?」 「中目黒までお願いします。」 気さくに会話に応じてくるお客、ミニスカ姿のスタイルの良い女だ。 そろそろ頃合いになってきたところで偽キャンペーンの案内を始める。 「この栄養ドリンク飲んでアンケート書いてくれれば、運賃が半額になりますよ。」 「えっ?スゴいことしていますね。じゃあ頂きます。」媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入し終わると睡魔が襲いグッスリ寝てしまう女性客。 「お客さん、着きましたよ。」 身体を揺らして起こしてみるが熟睡していて反応は無い、相変わらず効きが良い媚薬だ。 大股開きのスベスベの太腿、感触を味わいながら手をスカートの奥へと伸ばす。 いやらしいマン肉の感触が変態心を揺さぶる。張りのある乳房の形を確かめながら揉み、スカートをまくってパンティを丸出しにしてマン肉をつまむ。 ブラウスを脱がし、キャミソールをずらして大きな生オッパイを眺めて乳首を指でもてあそぶ。意識の無い女体をイタズラするのが一番興奮する。オッパイに吸い付き乳首を舌で転がし、マン筋を指でこすり上げる。 パンティーを脱がすと少しシミが付いている。昏●していても身体は敏感に感じているようだ。 クリトリスを指で丁寧にこすり、濡れ始めたマ●コに指を挿れて指マン。 クチュクチュと膣中がぬめる。 肥大したクリトリスを舐め上げクンニしていくと、女の息が荒くなってくる。 カーセックスをするカップルのように横に座り、オッパイ揉みながら濃厚なキスをする。 寝ている手を取って手コキさせ、昏●する口にチ●ポをくわえさせて昏●フェラで腰を振る。ビン勃ちになったチ●ポをマ●コに押し込み昏●カーセックス。 人の気配を気にしながらスリルを味わう。 散らかったヤリ部屋の布団に寝かせてスカートを剥ぎ取る。 貝ヒモのようなマ●コを指マンクンニで責める。意識はまだ戻らないが、マ●コの中はグチョグチョに濡れている。 形の良い尻肉を舐め上げ、ブラウスをまくって生オッパイを舐めまくる。人形のように眠る女の股を開いて、正常位セックスでチ●ポを突き動かす。 首筋を舐め、乳首を吸いながら腰を振っていると目を覚ます女。 「ううぅぅん、あぁぁ。」寝ぼけながら感じているが、この女にとっては人生最悪の目覚めになるだろう。 「起きちゃた?気持ちいいだろ。」 「うぁぁっ、やめて。」 「サキちゃんって濡れやすいんだね。まだ23歳だろ?」逃げようとする女の髪を引っ張ってカメラを向ける。 「さっきから撮っていた動画、会社に送っちゃうよ。」 「イヤ、やめて…。」泣きじゃくる女を脅かして、再びマ●コにチ●ポを突っ込み、濃厚キスで口をふさぐ。 抱き起こして対面騎乗位で腰を突き上げ、マ●コの奥を突きまくる。 「くわえろ!」嫌がる女の口にマン汁だらけのチ●ポをくわえさせ、強●フェラ。チ●ポをビン勃ちにして後背位で腰を振る。 犯●れているのに女の尻はヒクヒクと痙攣している。 「あぅぅぅぅ。」 「やらしいなぁ、サキちゃん。」うつ伏せにプレスして、耳たぶを甘咬みしながらマ●コの奥をガン突き。 「やめてください、帰してください。」 チ●ポを抜いて指マンでヒクヒクとイクまで責めまくる。正常位にして黙ってイったマ●コにチ●ポを差し挿れ腰を振る。 「あ~ダメ!イクっ…。」 大きな胸を張り出し、エビ反りイキする女。 「あ~、俺もイキそうだ。このまま出すぞ!」 「イヤッ!だめだめ!」激しく腰を振り動かし、マ●コの奥にタップリと生中出し。 ベロベロになったマン肉をつまんで精子を絞り出す。 「ちょっと休憩したら、もう一回しよう。」 泣きじゃくる女を放置して、私は一息いれることにした。

2024/02/28
みい

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする変態癖のあるタクシードライバーだ。 「代官山まで、お願いします。」 お客は人懐っこいアパレル系の売り子さんで若い、無口な俺でも何故か話が弾む。 昨日飲んだ精力剤が効いているのか?今日は朝からギンギンなのだ。 まだ午前中だけど、媚薬入りキャンペーンドリンクの餌食になってもらうことにした。 ドリンクを飲み干し、爆睡する女性客をルームミラーで確認して車を停める。 後部座席に乗り込むと、娘はむっちりした太腿を広げてよくお休みだ。 もう携帯はいらないな。スマホを取り上げ、中身は後で拝見させてもらおう。 「コート着てたけど、イイ身体してんじゃん。」 いつものようにパンティーに顔をうずめ、マ●コの匂いを嗅ぐ。 少し汗ばんだメスの香りに、チ●ポがウズウズしてくる。 唇を指でプニプニして、チュパチュパと吸う。 可愛いオッパイを揉むと、うんうんと反応してくる。乳首もきれいでビンビンだ。 「こっちも気持ちいいのかな?」 パンティーに手を入れて、マ●コをまさぐっているとチ●ポがビンビンになってくる。 娘の手を取って、チ●ポを握らせながらオッパイを揉む。 抱き起して口をこじ開け、チ●ポを突っ込み昏●フェラ。 意外に深くくわえこんでいるので、頭を押さえつけて腰を突き動かす。 早くもイキそうになってきたので、女体をヤリ部屋に運ぶ。 手足を拘束してベッドに寝かせ、汗ばんだ脇の匂いを嗅いで、大きな尻に顔をうずめて、尻の匂いも嗅ぎまくる。 変態オス犬にとって、これが欠かせない珠玉の時間なのだ。 続けて熟睡した娘の身体を楽しむ。 オッパイを吸い、パンティーを下げて、ツルツルのマ●コをじっくり味わう。 肉厚のマン肉を指でつまみ、マン筋に指を挿れてクリトリスをいじる。 ビチャビチャと音を出してきたので、脚を持ち上げ尻肉を広げておま●こを舐める。 チ●ポを握らせて腰を振りながら、濡れたマ●コをまさぐる。 頭を起こして、目を覚まさない娘の口に、チ●ポをぶち込みクチま●こ。 二人とも性器が潤ったところで娘を横向きにして、側位セックスでチ●ポを挿入。 ネチャネチャとマン汁がからみ、自然と腰の動きが速くなる。 「ああ~気持ちいい 、そんなにきつく締めなくてもいいよ。」 娘の首筋の匂いを嗅ぎながら、俺はセミの様に腰を振り続けた。 イキそうになるのをこらえて、正常位セックスに体位を変える。 チ●ポを挿れると、ぶちゅっと音をたてるパイパンま●こ。 達磨返しにして、乳首をつまみながらマ●コの奥を突きまくる。 「ヤバイ!いっちゃう、あっ!」 肉厚のパイパンま●こに、ドクドクと中出し射精。 娘は目覚めて、寝ぼけながら意識を戻す。媚薬が効いていて大きな抵抗は無い。 意識がもうろうの娘の乳首に吸い付き、抱き起して、まだギンギンのチ●ポを無理矢理くわえさせる。 頭を押さえて腰を動かし強●クチま●こ。 服をはぎ取って、イラマチオで喉奥までデカマラを突きたてる。 媚薬で身体の自由が利かない女のパイパンマ●コに吸い付き、後ろ向きに抱きかかえて手マ●コ。 指を抜いて、中出しした精子を見せて、嫌がる娘の喉奥に指を突っ込む。 四つん這いにさせて、バックから精子と娘の唾液がついた指を、マ●コに挿れてかき混ぜる。 「やぁ~だぁ!ヤメテ!」 グチョグチョと音を立てるおま●こ、滴り落ちてくる中出しした精子。 が!それとは違う温かいものが出てきた、失禁である。 「ねえねえ、何でこれ出てきちゃったの?」 「やぁ~だぁ!」 マ●コからしたたるオシッコを吸い上げ、興奮したデカマラをバックからぶち込む。 股下から強●的に出し入れを見させながら、尻が高く突き上がるぐらい激しく腰を振りまくる。 ぐったりする女を抱きかかえて強●騎乗位セックス。 きゃしゃな身体を押さえつけ、下からチ●ポを突き動かすと、ビクビクさせてイってしまう。 「イっちゃった? 気持ちいいんだ?」 ご褒美にマ●コを舐め上げ、正常位セックスでズボズボと突きまくる。 時折温かいものが出てくるマ●コをひたすら突きまくり、嫌がる娘のマ●コに強●中出し。 休憩がしたくなった俺は、娘の手足を拘束して、昼飯を買いに行くことにした。 「イやだー!帰りたい!!」 「逃げちゃだめだよぉ。これからはズッと一緒だからね。」

2023/06/08
せいや

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする変態タクシードライバーだ。 最近同業者の間で同じことをしているヤツが増えてきて、獲物の奪い合いで苦労している。 「おねがいしまーす。」 今日のお客は大阪から来た若くてムッチリした娘、見ているだけでチ●ポがうずうずしてくる。 「友達の結婚式に来たんですけど、場所がさっぱり分からなくて。」 久々の上玉に、ニセキャンペーンの媚薬入りドリンクを勧める。 「飲んじゃって、いんですか?」 人なつっこい娘は一気に飲み干し、そしてぐっすり眠る。 むっちりした太腿をさらけ出して、深く眠る今日の獲物。 後部シートに乗り込み挨拶代わりのキッス。 よく見ると顔は橋本●奈タイプで可愛く、想像以上のオッパイのデカさに感動! 乳首を舐めながら、たっぷり巨乳を味わう。 エロい身体を強調する水色の下着をずらし、マ●コをこすって舐めると反応する。 娘の手を持ってチ●ポを握らせてしごく、弾力のあるデカパイにチ●ポを押し付け乳首にこすりつけると、気持ち良すぎて我慢汁が糸を引く。 口をこじ開け、デカチンを無理やりくわえさせ、巨乳を揉みながら腰を振る。 ヤバイ、このままでは射精してしまいそうなのでヤリ部屋に連れて行くことにした。 ベッドに寝かし、ネクタイで手を縛る。 服をまくって巨乳をさらけ出し、パンティーを脱がして敏感に反応するおマ●コを舐めまくる。 馬乗りでチ●ポをオッパイに押し付け、モミモミしながらセルフパイズリ。 頭を起こして、口にデカマラを突っ込み、喉の奥で動かす。 そのまま寝ている娘と昏●69。 ぐちょ濡れになったマ●コに、ギン勃ちチ●ポをぶち込み激しく腰を振る。 寝ているのにギュウギュウ締め付けてくるおま●こ、気持ち良すぎてあっけなく中出しした。 「このマ●コ、反則だよ。」 チ●ポの怒りが収まらない俺は、デカく突き出たオッパイにしゃぶりつく。 「えっ?!何してんですか?」 目覚めた娘の口を押えて乳首をしゃぶり続ける。 「やめてください!」 「名前も分かってるから、言う事聞かないと写真撮ってバラまくよ。」 観念した娘の後ろから服を脱がし、巨乳を揉みまくり、おま●こをこすり上げる。 ピクピク反応する娘の口を濃厚キスでふさぎ、四つん這いにさせて中出ししたおま●こを指でかき回す。 「いっぱい中に出しちゃったよ。」 「えっ!やめて!」 と言いながら身体をビクッと弓なりにしてイッてしまう淫らな娘。 「俺のも気持ちよくしてよ。」 仁王立ちでチ●ポをしゃぶらせ、手コキフェラをさせてイラマチオする。 「ゲホ、ゲホ!苦しいです。」 よだれをたらしてむせる娘を腹の上にのせ、ニュルま●こにチ●ポをぶち込み、腰を振らせる。 嫌がる割にはピクピクと何度もイキまくる娘をバックからガン突き。 「いまイっただろ?」 「イってないです。」 巨乳を鷲掴みにして更に激しく突きまくる。 仰向けにして正常位SEXでズブズブと腰を動かし続け、 「またさっきみたいに出してあげるよ。」 「やめて、中には出さないで!」 悲鳴を上げる娘のマ●コに中出し、イったチ●ポを綺麗に舐めさせる。 「アドレス交換しておいたからね。東京にいる最終日にまた会おう。」 娘を放置して俺は仕事に戻った。

2023/05/30
マイ

以前から目を付けていたエロそうな女を尾行している。そっと忍び寄ってカメラを取り出し、パンチラ撮影を始めた。 公園のトイレに寄って行ったので、ゆっくり近づきその体を抑え込んだ。 「やめて、誰?」抵抗する女の首を絞めて脅かし、すかさす唇を奪う。 美女が苦痛に顔を歪めるのに興奮し、一気に服をたくし上げてオッパイを露出させて吸い付く。 思った通りの巨乳だ。 スカートをまくらせると、パンティにシミが付いている。 再び首を絞めて脱がせる。 マ●コに指を差し入れ、前にしゃがませるとフェラを強要する。 「ウグッ」 喉奥までチ●ポを突っ込むと、女はえずきながら口を動かす。小便器に手を付かせ、後ろからいきり立ったチ●ポを生のままぶち込んだ。 「挿れないでえ!」 悲鳴を上げるが、お構いなしに腰を動かす。 真っ白で肉付きの良い尻を割って出入りするチ●ポを見下ろしているとだんだんと込み上げてきた。跪かせてフェラさせ、そのまま口内に発射。 急いで帰ろうとする女に媚薬を染み込ませたハンカチを嗅がせ、気を失わせる。 そのままオレのヤリ部屋へ連行。両手両足を拘束しカメラを回しながら好き放題凌●する。 たっぷりマ●コをいたぶり、口にチ●ポをねじ込むとあっという間に勃起した。正常位で生のままチ●ポをズブッと挿入する。 横倒しにして背後から責めていると、意識がないのに 「ああっ、ああー」 と、声を上げ出した。 向き直ってガンガン腰を振っていると、ついに女が目を覚ます。 「えっ、なに?」混乱しているうちに、マ●コに精子をぶちまけた。奪った携帯から得た宛先へ中出し動画をばら撒くと脅迫して更に追い打ちを掛ける。 「チ●ポ、入れてください」 戸惑いながら、いやいや恥ずかしい言葉を口にする女。 「マン汁だらけのチ●ポ、きれいにしろ」 まだ勃起しているチ●ポをしゃぶらせて、自分で服を脱がせた。 オレの体をすみずみまで舐めさせ、 「…おいしいです」 と言わせる。素直に服従して、チ●ポから玉まで舌を這わせる。 今度はオレが女を責め、手マンでグチョグチョにする。 「おチ●ポ挿れさせて下さい」 女に騎乗位させ腰を振らせる。 表情を歪めながらけなげに腰を動かす。 後ろ向きにさせ、バックでパンパンと激しく音を立てて責めると、 「あああっ」 声を震わせている。 ケツをぱっくり開かせて、ア●ルもまる見えだ。正常位に向き直って、ガン突き。 「また出してやる」 「出して下さい」 ドクドクとマ●コの中に生中出しで精子をぶちまけた。

2024/05/10

最近検索されたワード

人気コミックランキング