野外・露出の素人エロ動画 273 件

りりか 2

見た目ゴリゴリ黒ギャルの気の強そうな雰囲気で何ら特徴のない中年の自分らからしたら 物怖じしてしまいそうな容姿をしていますが 前回頒布した映像では中年たちのデカチンをズボズボされて 舐めた態度も消え失せてチ〇ポの快楽に屈服する ドMな一面を見せてしまったリリカちゃん 受験に失敗して底辺公立に進学後 お友達たちに感化されてギャル化した末に 遊ぶ金欲しさにP活を繰り返し 覚えたてのセックスに対する好奇心も相まってヤリマン化 うちらの乱交サークルにまでたどり着いてしまった女の子です この子とにかく身体が敏感で反応がドスケベです 自分に感情に素直で欲望に忠実な黒ギャルってメチャクチャエロいんですよ ぜひ映像でご確認ください 車で移動中にビデオを回して話しかけてみると 「めっちゃマ〇コ弄ってた」 とあっけらかんと告白 気分を昂らせるために丸見えの路上でマ〇コを弄るように命じれば 少し恥じらって見た目によらず女の子っぽい一面を見せますが 複数チ〇ポへの期待感が増してしまったのか公開オナニーを晒します 会場で待ち構える複数の男たちに囲まれると 少し撫でられるだけでビクッビクっと身体を敏感に反応させて 「おじさんたちの手つきエロイね」 とお褒めの言葉 こんな若い子から触り方を褒められて すっかり舞い上がってしまったオジサンたちは 肉厚のオマ〇コに舌先をぴたりと密着して執拗なクンニ 次々指を突っ込んでの連続手マンに電マまで持ち出して 思春期の敏感なマ〇コをいつも以上に徹底的に弄り倒していきます 「もうだめもうダメ!」 オマ〇コに特化した愛撫に 気丈な黒ギャルも流石に許しを請いましたが 興奮治まらないオジサンたちは、そんな様子を目にして さらに肉ビラの奥にまで電マを押し当てていきます 「もうイっているから、イッてるから!」 身体を激しく暴れさせながら逃げようとする身体も抑えつけられて マ○コを弄られ続けると惨めに大量の潮を噴き上げてアクメに倒れました グッタリする無防備な膣穴にズボッと入れれば セックスしたくてたまらなかったリリカちゃんは 異常興奮してイキまくってくれます その黒ギャルのドスケベ反応に 参加男性は全員フル勃起ですので 先を争ってハメ続けます 手が空けば握らせ、口が空けばフェラ マ〇コが開けば穴に突っ込む その度に黒光りするエロい身体を捩らせて 「おじさんのオチ〇ポ気持ちいいよぉ」と 惨めなアヘ顔浮かべてイキまくるリリカちゃん 精子をかき集めて自分のマ〇コに擦り付けながら 変態オナニーを公開して オジサン精子の顔射まで喰らいながら 嬉しそうな表情で精子を舐め上げると またエッチしたい、おチ〇ポほしいと懇願 中年オジサンたちとのセックスの快楽に 完堕ちしてしまったようです

2023/11/24
りりか

褐色の肌にムチっとした肉付きの良いスタイル 長すぎるツケ爪にルーズソックス あっけらかんとした性格も 正にギャルの王道といった雰囲気の女の子です 進学前の黒髪清楚な学生証を見せながら 元は真面目でいい子だったと語ってましたが 受験に失敗して底辺公立に入学したら 周りの子たちに感化されてギャル化 そんな悪友たちとの遊ぶ金欲しさに P活に手を染めた挙句 うちのサークルメンバーと マッチングしてしまったようです 元々真面目だった彼女は性の知識に乏しく オナニーすらしたことが無かったそうですが 悪友に勧められて始めたP活で 良く判っていないまま見知らぬ中年に処女を捧げ チ〇ポの味を知るとセックスへの好奇心が増大し 快楽に対して率直に行動しヤリマンに 乱交パーティの誘いにも興味津々で乗ってしまった次第です 最初に連れ込んだのは雑居ビルの階段です 自分からやってきた割りには ダルそうに不貞腐れた態度を取っていましたが そんな様子も無視して少し身体を撫でてやると 実はよほど心待ちにしていたのではないかと思うくらいに 全身が敏感エロモードに 軽く乳首を弄ってやれば 「やだなんかエロ過ぎる」 と息を乱しながら全開に喘ぎ 「こんなにイキっているのに感じちゃうんだ」 とプライドを煽ってやれば 「絶対にイカされない」 と生意気口調で反抗してきますが 「この黒ギャルがドエロだってみんなに見せてあげよう」 と野外でピッタリ閉じた思春期マ〇コを開いて 膣穴まで剥き晒して弄られると 羞恥心に発情して膝を震わせながら マゾイキしてしまう有様です 敬語も使えない舐めた態度のギャルかと思いきやドMな反応です 知らない他人に見つかるかも という背徳感は彼女の新たな性癖を引き出してしまったようです そのままチ〇ポを眼前に押し付ければ発情してギャルとしての矜持も失われたのか 惨めに跪いて口に入りきらないほどのデカチン 突っ込まれるままに舐めさせられて 精子を口内に流し込まれました 精子を舌で味わったのに挿入をお預けされてしまえば思春期の肉体の発情は募るばかりです 中年オヤジの巨大チ〇ポに甘えながらしゃぶりだすと 勃起したチ〇ポを前に嬉しそうな表情を浮かべて 自ら巨根に跨り汗で黒光りするエロ尻を自ら振りまくって騎乗位に没頭 巨根の出し入れで感じまくってイキまくり 「気持ちいいーッ!イクイクイクーッ」 と大きな声をあげながら絶頂を繰り返しながら 「このまま膣内に出していい?」 と聞かれれば、なんとも嬉しそうに頷き 中出し交尾を受け入れます 当然、チ〇ポ一本では足りないわけで 中出しを喰らわせた後は 精子を溜めたサークル仲間を集めて乱交パーティー 参加者全員が思春期の黒ギャルマ〇コを使って射精し放題です その褐色の肌に幾筋も 射精ザーメンが白く流れ 前から後ろから無限にv肉棒を突っ込まれても終わりませんv 何度もチ〇ポを出し入れされて腰が痙攣するほどイキされまくり 最後の中出しを決められる頃には生意気だった口調も改まり チ〇ポの挿入に素直に感じまくるただのメスでした 世の中舐め腐ったギャルでさえチ〇ポの快楽の前には無力化するということです

2023/11/17
マリ

#とびっこさんぽ 今日は彼女とデート、待ち合わせ場所に少し遅れて着く。 「もう、遅いよ!」 「ごめんごめん、とりあえずご飯でも行こう。」 リモコンバイブ‘とびっこ’を取り出して彼女に握らせる。 「何がしたいかわかるでしょ、つけてよ。」 「えっ!ここで?」 人目から隠れ、街角でとびっこを装着させる。 「じゃあ、行こうか。」 「もう、絶対にスイッチ押さないでよ。」 「うん、…へっくしょん!」 くしゃみをしたらとびっこのスイッチが入ってしまった。 「きゃっ!止めて止めて!」 「ほら、自分で止めて。」 「うあっ、何か違う動きになったー!」 もじもじしながら腕にしがみついてくる彼女。 「何か、一緒にいるの恥ずかしいなあ。」 彼女から離れると、ヨロヨロと内股で歩いてくる。 スイッチを強にすると、壁にしがみついて手で股を押さえている。 「ダメ、ダメ、だめ…。」 「ほら、早く行こうよ。」 股間を押さえながら必死についてくる彼女。 行き交う人の視線にハラハラしながら先を歩く。 「あ~っ、ヤバい…。」 座り込んでしまう彼女、スイッチを止めて回収しに行き、人けの少ない道を一緒に歩く。 「もう、意地悪なんだから。」 「誰が?俺?」 スイッチを最強にして放置する鬼畜な俺。 カクカクと変な歩きで追いかけてくる彼女、半泣きでまた座り込んでしまう。 「ああぁぁぁ、もうだめ、イっちゃう…。」 回収しに行くと抱きついてくる彼女。 「もう、…エッチしたい。」 「道端で何を言ってるんだ君は。」 そうは言うものの俺も勃ってきてしまったんで、人目の無い場所を探してもぐり込む。 「絶対に人が来るって…。」 「大丈夫だよ、扉付いてるし。」 他人様のマンションの外階段を降りて軽くキス、スカートをまくらせてみると、パンティーの中でとびっこがうなりを上げている。 工事現場のオッサンの声が聞こえてハラハラするが、彼女は股間をヒクヒクさせてあえいでいる。 「しーっ、声が聞こえちゃうから。」 とびっこを取り出し、自分でマ●コにあてさせ、後ろから巨乳を揉みまくる。 ブラから乳房を引き出し、生チクビを刺激しながら、もっこりチ●ポををさわらせる。 ピンと張ったロケットおっぱいにしゃぶりつくと、チ●ポはビンビン。 階段に座らせパンティーの中にとびっこを挿れて、生チ●ポをしゃぶらせる。 気持ちいい野外フェラチオ、彼女はカリ首に舌を絡めてジュパジュパと口を動かす。 とびっこのスイッチを入れると、ビクッとした感覚が伝わりチ●ポを刺激する。 柔らかなロケットおっぱいにチ●ポを挟んで、巨乳パイズリで腰を振る。 M字開脚させてパンティーをずらし、とびっこをクリトリスにあてる。 「あっあ~気持ちいい。イっちゃう。」 パンティーを脱いで突き出したお尻を舐めあげ、マ●コをクンニする。 「あっダメ、イっちゃう。」 お尻の肉をヒクヒクさせてイってしまう彼女、座らせて糸引きマ●コを指マンする。 「このまま挿れちゃっていい?」 外階段でM字開脚する彼女のヌルヌルマ●コにチ●ポを挿入して腰を振る。 「ヤバい、声でちゃうよぉ。」 「しーーーっ!」 必死に声を抑える彼女を尻目に、激しくマ●コを突きまくる。 反対になって背面座位セックスでチ●ポをを差し込んでくる彼女。 エロいケツを振りまくり、チ●ポをピストンしてくる。 この際だからブラも外し、下から激しく突きまくるとパンパンとハメ音が階段に響き渡る。 チ●ポを挿れたまま立ち上がり、壁に手をつかせて立ちバック。 片脚を持ち上げて、マ●コの深いところをズボズボと突きまくる。 「あーっ、ダメダメいっちゃう!」 彼女の声が大きいので、口を手でふさぎながら激しく腰を振る。 人の気配を感じたので階段の上の方へ向きを変え、彼女の腰を抱えてオス犬のように腰を振りまくる。 「あー、もう出ちゃいそう。」 「そうなの?じゃあ。」 チ●ポを抜いて階段に寄りかかり、M字開脚する彼女を正常位セックスでピストン責め。 「中に出していいよ。いっぱい出して…ああっ。」 気持ちいいマ●コ、深いストロークでズコズコ突きまくり生中出し射精。 「超~、興奮した。」 事を済ませいそいそととノーブラ、ノーパンで服を着る彼女。 「おいおい、お尻が丸見えだよ。」 僕らは階段に垂らした精子も拭かず、食事をやめてス●パー銭湯に行くことにした。 マンションの管理人さん、ごめんなさい。

2023/10/28
あかね 2

小さな顔に腰の位置が高いスラリと伸びた脚は美しく、ファッションモデルのような9頭身はありそうな容姿は極上、男に頼らない自立した女性になるようにと教育熱心なお母様に厳格に育てられ、大変淑やかで優しさに溢れる性格まで本当にいい子です。 そんなオジサンとなんか接点無さそうな大変いい子なのですが、母子家庭に育ち未知の大人の男の愛に憧れてしまったことで変態サークルのメンバーにマッチングして乱交パーティで若いマ○コを中年たちに捧げることになってしまいました。 映像を見ていただければご理解頂けると思いますが本当にお淑やかで心優しい女の子なので、基本、少し困った様子を見せることはあっても男が求めること何でも応じてくれるような女の子です。 車で迎えに行ってやっても、その場でマ○コを見せろと命じれば、周りからの視線を気にする様子を見せますが純白のパンツをずらして10代の純情なオマ○コを剥き晒してくれます。 本当にいい子です。 乱交メンバーの元へ到着すると待っているのは発情した中年おじさんたち。 お淑やかな美女に対して獰猛に群がり、そのまま制服を剥ぎ取りマ○コ指入れ、身体を担ぎ上げてクンニ汁直飲み、喉奥めがけてフェラ強襲と身体中を弄っていきます。 その度に小さな声で喘ぎながら、恥ずかしそうに口元を隠して 「イっちゃいます…」 と必ず敬語で応えてくれる彼女、こういう所作にも育ちの良さがうかがえます。 こんな麗しい姿を見せつけられては勃起も収まりません。 焦らしに焦らされた愛液で濡れ光るマ○コへ、一本目は立ちバックで、そうなれば次は俺が次は俺だと、すぐにハメ待ちの列が出来ます。 突き刺すチ○ポに何度もイカされ、立ってられない彼女は膝を折り四つん這いに。 すると前からフェラチ○ポが迫り、前後の串刺し完成です。 その度に切ない声で 「ゴメンナサイ…イっちゃいます」 と報告しながら何度もアクメ。 そんな可憐な反応にオジサンたちの勃起は治まらず、全員が射精するまでハメられ続けました。 悪趣味なことにゴム内に出した精子は取り置いておき、最早誰が出したかも分からないゴム内の精子はマングリ返しで無防備に晒された思春期の膣穴に注ぎ込まれます。 どう反応しても分からなかったのか、その様子を呆然と眺めていましたが、精子が溢れ出しそうになればバイブでフタをされ子宮内の中で撹拌されて行きます。 激しく突かれるバイブの振動と精子が子宮の中で掻きまわされる背徳感で今日一番の激しいアクメを迎えた彼女、 妊娠しちゃうかもね? と問いかければ更に発情し、更に自分の指先を膣の中に捩じ込んで零れだす精子を子宮の中に押し戻す、ド淫乱な着床オナニーを晒してイキ果てました。 大人の男の愛情に憧れていた清楚可憐な心優しい女の子は、父性を求めていたのではなく精子を求める淫乱女だったようです。

2023/10/27
あかね

清楚な黒髪に整った顔立ちは超美形、腰の下からスラリと伸びた脚は長く美しく9頭身はありそうな確実に素人越えレベルのスタイルの持ち主です。 ファッションモデルを片手間バイトでやっているお金持ちのお嬢さんのような雰囲気をしていますが、実は母子家庭で育ったという女の子です。 男には頼らず自立した女性になるようにと厳格な私立女子校で教育を受けてきたおかげで、大変心優しいシッカリ者に育ちましたが、思春期を迎えても近くに男不在の環境だったことに起因しているのでしょうか?自分の知らない大人の男の優しさに過剰な期待を抱いてしまったようで、年齢を偽り大人向けのマッチングアプリに手を出して 「お○さんみたいな優しさで包んでくれる大人の男性とお会いしたいです」 と書き込んで自分と年の離れた中年オヤジたちを探し続けた挙句、出会ったのが彼女と二回り以上も年が離れている我がサークルのメンバー。 現実の大人の男を知らない彼女にとっては、そんな優しいはずの大人の男の申し出の裏にどす黒い思惑があるなど微塵にも想像しなかったのでしょう。 生来の優しさが仇となり、年の離れた男に身体中を弄り倒され、そんな男の愛撫やテクニックに篭絡された挙句ハメ撮り映像を撮られ、断り切れなかったのか誘われるがままに我々サークルに通じていたそんな男によって乱交パーティへやってきました。 はじめてサークルメンバーと会ったときの様子も、初対面のぎこちなさはありますが、最初から特に嫌がる素振りもなく、むしろ求められることが嬉しいかのように、言われるままに体を触らせ意外に大きいおっぱいを露出させられてしまいます。 「基本的に人に対して優しいのと性格が良いのでやられることは何でも受け入れてしまう」 彼女を堕としたメンバーの言っていた通りです。 そのまま場所を変えて貸し倉庫に連れ込めば、目の前にぶら下げられたチ○ポを何の文句も言わずに即尺。 その匂いに充てられたのかフェラ中はマ○コを少し触っただけで感電したようにビクビクと体を反ってイッていました。 ヤリ部屋に連れ込めばメンバーの一人が抜け駆けでセックスに誘っても、性格が良いのですんなりと受け入れ生ハメを持ち掛けられても断り切れず、 「えっダメです、困ります…」 と消え入るような声で訴えかけても聞き入れられず、当然のように膣の中へ射精されます。 そのままなだれこんできた男性4名にも、なし崩しにハメられまくり、勃起チ○ポをマ〇コに、口にと素直さを利用してやりたい放題。 モデル級の極上なカラダをフルに使って顔、胸、そして膣の中にまで思い思いの場所に出してザー汁を塗りたくられました。 大人の男の愛情に憧れてマッチングしてしまった女の子は、結果、中年たちの歪んだ性欲を一身に浴びる羽目になってしまいましたが現実の大人の男に対して幻滅してしまったでしょうか? いや、そんなことはないでしょう。 あれだけ感じまくっていたんですから、また我々のチ○ポを求めに来るはずです。

2023/10/20

最近検索されたワード

人気コミックランキング